株主還元策

当社は、株主各位に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しております。財務体質の強化と安定的な経営基盤の確保に努めるとともに、長期的に安定した配当の継続を基本方針としております。
内部保留資金につきましては、新店舗の建設や既存店舗の改装、人材育成の教育投資、システム投資等の有効投資を実施し、なお一層の収益力の強化を図り、企業価値の向上に努めてまいります。

この方針に基づき平成30年9月期の期末配当につきましては、1株当たり普通配当11円といたしました。この結果、当事業年度の配当性向は15.8%となりました。

配当金推移

(単位:円、%)
26/9期
連結
27/9期
連結
28/9期
連結
29/9期
非連結
30/9期
非連結
配当金 15 15 18 20 11
(連結)配当性向 13.6 12.0 12.0 6.2 15.8

なお、平成30年4月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。したがって、当期の期末配当は株式分割実施前の1株当たり配当額に換算すると、1株につき22円に相当しますので、前期の年間配当金20円と比べ2円の増配となります。